Page Top

SPECIAL妄想キャリブレーション「魔法のジュース制作秘話」

  • INTERVIEW
more

妄想キャリブレーション「魔法のジュース制作秘話」

SPECIAL対談

—メンバーの皆さんは、最初に「魔法のジュース」を聴いたときの感想はいかがでしたか?

胡桃沢まひる 音だけもらって歌詞を見たときは「これどうやって歌うんだろ?」って思いました。羽咲に「どこからサビなんだろ?」って聞いたら羽咲も「わからない!」って。文字数とリズムが絶妙な感じで複雑で、暗号を読み解いてる気持ちになりました。

雨宮伊織 インパクトがありました。最初に呪文みたいなのが入ってて可愛いなって。でも、音階が激しい曲だから歌うのが難しかったです。他のアイドルさんにはない、妄キャリらしい曲だなと思います。

星野にぁ 最初は「なんじゃこりゃ」と思ったんですけど、できあがってしっくりきて、妄キャリっぽいと思いました。

双葉苗 私、すっごく滑舌が悪くて、サビを早口で歌えるのかと思いました。なんとか歌えました。

水城夢子 テンポが速かったりキーが高かったりで難しいけど、AメロやBメロからいきなり盛りあがる曲です。ライヴでやってても楽しいです。

桜野羽咲 Dr.Usuiさんの曲は毎回難しくて、でも歌えたら「よっしゃー!」という歌い応えがあります。後奏が短くて、盛りあがったまま終わるところが好きです。「また聴きたい」と中毒になってくれるかなって。

—最後に、5月15日の赤坂BLITZへの意気込みを聞かせてください!

胡桃沢まひる 妄キャリは本当に泥臭くて、みんなで試練を乗り越えていくと思うんです。そのグループが今、赤坂BLITZという高い壁に足をかけているけれど、みんなの力があれば成功できると思えるんです。ファンの方たちを引っ張るというのを目標にしていて、みんなを赤坂BLITZへ連れていってあげたいんです。一体感のある空気にしたいし、見ないと絶対後悔するライヴにしたいです。もっと上に行くための必須項目だと思うので、メンバーも一皮剥けて頑張るので、成長した姿を目に焼き付けてほしいです。

雨宮伊織 私たちが新メンバーとして入ってからすぐセカンドワンマン(2014年11月27日の東京キネマ倶楽部)だったんですけど、必死すぎて納得できてなかったので、次は全然違うところを見せたいです。もっと練習して、絶対満員にして、次につながるようなワンマンライヴにしたいです。

星野にぁ みんなの熱量も必要だけど、私たちから引っ張って、赤坂BLITZの容量を超えていきたいです。「ここで収まるレベルじゃないんだよ!」という勢いを見せたいなと思います。収まりませんよ!

双葉苗 赤坂BLITZで初めて対バンライヴをしたときは、持ち時間が5分とかだったんです。そこから尺が伸びて、今回赤坂BLITZでワンマンライヴをやらせていただけることになって、私たちだけの場になってパフォーマンスをするので、お客さんでいっぱいにしたいと思ってます。今までファンの方に支えてもらうことが多くて、だからこそワンマンライヴのときは、親みたいな気分で成長を見てほしいです。私たちが引っ張っていきたいです!

水城夢子 私も新メンバーで、セカンドワンマンのときはいっぱいいっぱいのところがあって。でも今回は、初心を忘れずに一生懸命さを120%出そうと、パフォーマンスも今できることを本気で頑張ってます。見てもらって後悔させたくないし、忘れられない一日にしたいです。

桜野羽咲 妄キャリの目標は全国ツアーをすることなので、赤坂BLITZは乗り越える過程として絶対成功させないといけないんです。妄キャリはステージにいるときが一番妄キャリらしいので、圧倒的な輝きを見せつけてあげたいです。「魔法のジュース」のリリースイベントでファンの方と絆を深めて、赤坂BLITZを成功させたいなと思います!