Page Top

SPECIAL妄想キャリブレーション「魔法のジュース制作秘話」

  • INTERVIEW
more

妄想キャリブレーション「魔法のジュース制作秘話」

SPECIAL対談

—メンバーの皆さんは、光るスカートをはいて秋葉原の路上で撮影していかがでしたか? 通行人の視線もあったし、雨も降っているし、寒くなかったですか?

篠田利隆 僕もモニター越しに「ごめんなさい」と思ってて(笑)。

桜野羽咲 私がすごい雨女で、雨が止まらなくなっちゃって! 寒くて震えてました。食べ物で温めたくても、お腹を出すので、ひたすらビーフジャーキーを食べながら温かいお茶を体につけて飢えをしのいでました(笑)。

水城夢子 雨も降ってたけど、夜に撮るしかないし、何回もやり直しはきかないし、「一回で撮らないと」という気持ちが出てるはずです!

双葉苗 雨が降ってきたときに「どうしよう」と思ったけど、あの場所で撮れるのが嬉しくて「やってやるぞー!」と気合いを入れて心をひとつにして頑張りました。ベンチコートを二人一組で抱いて「あったかいね!」って人肌で温めあってました。

—雪山で遭難したみたいですね......。

星野にぁ スタッフさんがみんなお父さん、お母さんに見えてきて。お茶を買ってきたり、いろんなものを着せてくれたり、心は温かかったです。

雨宮伊織 見られて恥ずかしかったです。「寒そう」とか言われて「寒いに決まってるじゃん!」って(笑)。しかもスカートが光ってるし、そりゃ見られるけど、とにかく楽しかったです。

桜野羽咲 寒すぎて発狂してたんで(笑)。

篠田利隆 あそこで撮れる時間が限られていて、その中で「やる!」と勢いがつきましたね。

利根川貴之 今まで見たことない団結力でしたね。青春感がありました。

胡桃沢まひる ロケバスから出るとき人気者みたいで「あー、すごい」って!(笑)周りの人から注目されて、私たちは見られるとテンション上がるタイプなので、妄キャリの底意地を高めました。スタッフさんも寒いのに、傘も差さずにタイルを拭いてくれたりして、私たちに優しくて励ましてくれて、現場が楽しくて温かくて「ずっと撮ってたいな」って(笑)。

桜野羽咲 これで雪山でも大丈夫です!(笑)